乳酸菌と人類の歴史【ヨーグルト健康館】



乳酸菌と人類の歴史

乳酸菌人類の結びつきはかなり古く、数千年の歴史をさかのぼります。

この頃、すでにブルガリア地方では、ヨーグルトが作られていました。

その他、エジプトにも水牛・牛・山羊の乳から作った「レーベン」と呼ばれる乳酸菌飲料があり、コーカサス地方に山羊の乳から作った「ケフィア」、シベリアには馬の乳から作った「クミス」などがありました。


乳酸菌の発見

1857年、乳酸菌は微生物学の始祖、フランスの科学者パスツールによって発見されました。

彼はビール会社の依頼により、アルコールが酸っぱくなる原因を調べていたときに乳酸菌を発見したと言われています。
この発見によって、食品のはっ酵、腐敗は細菌の働きによって起こり、細菌の種類でその仕方が異なることが解明されました。

この記事は、明治ブルガリアヨーグルト倶楽部さんからの引用です。

=================================================================

【マンゴヨーグルトパック 2個セット】韓国サロン伝説のパックを忠実に再現!マンゴーエキスにはビタミンC、ベータカロチンなど栄養たっぷり。天然保湿成分ホエイを配合。マンゴーとヨーグルトの相乗効果!【これこれ倶楽部】
【マンゴヨーグルトパック 2個セット】マンゴーエキスにはビタミンC、ベータカロチンなど栄養たっぷり。天然保湿成分ホエイを配合。マンゴーとヨーグルトの相乗効果!


乳酸菌とは【ヨーグルト健康館】



乳酸菌とは●

乳酸菌(にゅうさんきん)は、醗酵によって乳酸を産生する細菌の総称で、生乳をはっ酵させるヨーグルト作りに欠かせないものです。

また、乳酸菌飲料や漬け物などの醗酵食品の製造にも利用されています。

また、一部の乳酸菌はヒトの腸などの消化管(腸内細菌)や女性の膣内に常在しているが、病原性はほとんどなく、むしろ他の病原微生物から生体を守り、恒常性維持に役立っていると考えられている。

このことから、プロバイオティクスとしての乳酸菌製剤や健康食品、プレバイオティクスと呼ばれる乳酸菌の消化管での増殖を特異的に促す製剤や食品なども開発されており、健康増進を目的とした利用も行われている。

ヨーグルトの基本的な作り方【ヨーグルト健康館】



ヨーグルトの基本的な作り方

単体で菌を入手する必要はなく、残ったヨーグルトに含まれる菌を使う。したがって、おいしいヨーグルトを種として取っておき、それを使う。いつでも少しを種として残しておくことになる。

基本的な作り方は、
乳を沸騰させ、30度から45度程度(菌種によって異なる)に冷えるのをまつ。

古いヨーグルトを小量混ぜる。
古いヨーグルト(出来合いのヨーグルト)を種と呼び乳酸菌などの菌の母体にする。市販のヨーグルトを使うことも出来るが、殺菌してあるものは使えない。

30度から45度程度(菌種によって異なる)で一晩置く。(暖かい地方では単に放置する)。

ヨーグルトメーカーを使うと作りやすい

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。