カスピ海ヨーグルトって?【ヨーグルト健康館】



カスピ海ヨーグルトのふるさと●

ヨーロッパ東部の黒海とカスピ海に囲まれた「コーカサス地方」がカスピ海ヨーグルトのふるさとです。

日本でカスピ海ヨーグルトと呼ばれている発酵乳はスメタナであるとみられている。
スメタナはロシア原産の発酵乳で、ヨーグルトの一種。


カスピ海ヨーグルトの日本上陸●

日本に「カスピ海ヨーグルト」が紹介されたのは1986年のことである。

島根医科大学の教授であった家森幸男がWHOとの共同研究で世界の長寿地域を照査していた際、グルジアから種菌を日本に持ち帰った。

そこから、「グルジアヨーグルト」「カスピ海ヨーグルト」と呼ばれるようになる。
ただし、これはグルジアの伝統食品ではなく、ロシアから持ち込まれたものであった(グルジアには、マツオーニという伝統的な発酵乳が別にある)。

その後、家森教授と食品会社フジッコとの共同商品化により今ではデパートやインターネット中心で製造キットや完成品が販売されるようになる。

日本では流通できないヨーグルトだが、栽培のしやすさから口コミで徐々に評判が広がり、種菌を個人レベルで分け合うという形で広まっていった。



天使のヨーグルト【インテリア - 雑貨 - 防犯・防災 雑貨屋ファミリー】
カスピ海ヨーグルトより簡単に手作りヨーグルト:天使のヨーグルト

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。