ヨーグルトの普及【ヨーグルト健康館】



ヨーグルトの普及

19世紀末、ロシアの医学者イリヤ・メチニコフがブルガリアを旅行した際、特定の地域に高齢者が多いことに注目。

伝統食であるヨーグルトが長寿の秘訣と紹介したことから、欧州を中心に世界中に広まった。

メニチコフは、その後、ノーベル賞(生理学)を受賞。
また、誕生日である5月15日はヨーグルトの日となった。

これにあわせて日本国内でも大正期より生産が行われ1915年、広島市のチチヤス乳業が日本初のヨーグルトを発売。

しかし一般に普及したのは戦後であり、1950年に明治乳業から発売されたハネーヨーグルトの発売によるものである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19659064

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。