ヨーグルトの基本的な作り方【ヨーグルト健康館】



ヨーグルトの基本的な作り方

単体で菌を入手する必要はなく、残ったヨーグルトに含まれる菌を使う。したがって、おいしいヨーグルトを種として取っておき、それを使う。いつでも少しを種として残しておくことになる。

基本的な作り方は、
乳を沸騰させ、30度から45度程度(菌種によって異なる)に冷えるのをまつ。

古いヨーグルトを小量混ぜる。
古いヨーグルト(出来合いのヨーグルト)を種と呼び乳酸菌などの菌の母体にする。市販のヨーグルトを使うことも出来るが、殺菌してあるものは使えない。

30度から45度程度(菌種によって異なる)で一晩置く。(暖かい地方では単に放置する)。

ヨーグルトメーカーを使うと作りやすい

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。